(1)受付でED治療を希望していることを伝えます。

(2)問診ではEDの原因、勃起能力について質問されます。そして、ED治療ではほとんどが飲み薬を使用しますので、そのお薬が安全に服用できるかを確認するために、必要に応じて血圧、脈拍、血液検査、尿検査、心電図測定などの検査が行われます。

1.あらかじめ、「セルフチェック問診表」を用意してはどうでしょう。(問診では「セルフチェック」が診察の補助資材となります)
2.EDについて相談しにくいかもしれませんが、医師はEDを医学的な見地からきちんと病気として理解しているので、全くはずかしがる必要はありません。適切な治療を受けるためにも、「うまく勃起できない」「性生活で悩みがある」「ED治療薬が欲しい」など、医師にありのままに現状を伝えましょう。
3.お薬の服用方法や注意点などの説明があります。お薬は診療所・病院、あるいは院外の調剤薬局でもらいます。

★ED治療薬を服用するにあたっては、医療機関で必ず服用しているお薬を確認してもらいましょう。
★ED治療には健康保険が適用されないため、診察費、検査費などすべて自己負担となります。症状や健康状態によって行う検査、治療が異なるため、治療費は個人で異なります。
★健康保険が適用されないため、保険証の提示は不要です


ホームページ

(C) 2009
NIPPON SHINYAKU CO.,LTD.