ED治療薬は勃起を助ける血管拡張薬

勃起は脳からの性的刺激で陰茎の動脈が拡がり、陰茎海綿体が充血することで起こります。この際、血管を拡げるために重要な物質cGMP(サイクリックGMP)が産生されます。多くのEDはcGMPの産生量が少ないことから起こると考えられています。 cGMPはPDE(陰茎にあるものはPDE-5という種類になります)と呼ばれる酵素で分解されることがわかっており、ED治療薬はこのPDE-5を抑えることで、陰茎のcGMPが分解されるのを妨げ、それによって勃起を助け、維持させるお薬なのです。 性的刺激を強めたり、神経を興奮させたりする作用はありません。


ホームページ

(C) 2009
NIPPON SHINYAKU CO.,LTD.